募集要項

募集一覧に戻る

企画営業_医師キャリア事業部
概要 <全国の医療機関にでむき、採用支援を通じて日本の医療問題を解決する>
日本国内における医師の有効求人倍率は6倍といわれ、全国の医療機関がまさに今医師採用に苦戦を強いられています。これに対し、日本の医師30万人のうち28万人以上が登録するポータルサイト「m3.com」の医師会員基盤と当社メディア媒体を通じて、医療機関が抱える採用の悩みを解決していく、大変責任とやりがいを感じることができるポジションです。

<ソリューション型営業、裁量の大きい環境で成長する>
単なる求人広告を提案するだけの仕事ではありません。医療機関の経営層から「将来のビジョン」や「各地域特有の医療事情」を伺い、それを実現していくための商品企画と提案を実施いただきます。扱う商材はホームページ/インタビュー・対談記事/スカウトメール/デザインバナー広告/プロモーションビデオなど様々です。多岐に渡る商材の中から、何を提案するのかといったアレンジは営業に一任されているため、企画力・提案力が身につく環境です。
配属先 医師キャリア事業部 医師メディアグループ
仕事内容 ・運営サービスの新規提案営業
「m3.com」と連携した、当社が運営する医師採用を目的としたメディアの企画提案営業をお願いします。日本全国の採用担当者や決裁権者(院長・事務長等)に採用課題をヒアリングし、商品の企画・提案までを行っていただきます。受注後はデザイナー、ライター、エンジニアとも連携し、商材を制作していきます。
※医師採用に困っている地方の医療機関への営業訪問も多いため、週に3日〜4日の出張がございます。
(出張は、1日ごとに都道府県を転々と移動するのではなく、滞在する形です)
※出張手当や移動中の喫茶代など、その分の手当支給は充実しています

・医療機関が持つ課題を解決していく、あらゆる施策をご提案
医療機関のニーズに合わせて求人広告、病院の公式ホームページ内の採用特集ページ、対談企画ページ作成、外注業者を利用したプロモーション動画作成など、様々な商材を駆使し、病院の医師採用を支援いたします。
また医師メディアグループの商材がマッチしない場合、他グループの商材(人材紹介/ヘッドハンティング等)を提案する場合もあります。

新規提案営業を通じて、医療業界に対する理解を深めたのち、本人の志向やその時のビジネス状況に応じて、取引先に対する営業を担う深耕営業職、原稿の執筆を担う制作職、メディアの新規商材開発を担うビジネスディレクターや既存事業の責任者へとステップアップしていただきます。
応募要件 【必須(MUST)】
・新規営業のご経験

【歓迎(WANT)】
・「医療業界」「人材業界」「広告業界」における営業経験
・受賞歴等、特筆すべき成果をお持ちの方
ポジションの魅力 ・未経験から21世紀を代表する成長産業である「医療×IT×人材」の最先端に携わることができます。
・業界内の認知度が高く、全国の医療機関のほとんどが当社のサービスを何かしら利用している状況のため、アポイント獲得や訪問後のコミュニケーションもスムーズに取りやすく、提案内容の準備・計画・振り返りに注力できる環境です。
・個人の裁量が大きく、提案内容や提案先の選定、1週間の行動計画まで主体的に決めることができます。
・提案から求人票の制作、求人掲載後のフォローアップまで携わるため、長期にわたりクライアントの課題を解決することができます。
選考フロー 書類選考→SPI→一次面接→最終面接
給与 想定年収400〜500万

月給 28.5万円〜35.7万円
給与には、固定残業代(6.7万円〜8.4万円、40時間分)を含みます。
※40時間超過分は別途支給いたします。
試用期間 3ヵ月
勤務地 東京都港区虎ノ門
勤務時間 9時30分〜19時00分(休憩1時間30分)
※始業時刻は8時00分〜9時30分で調整可能(終業時刻は始業から9時間30分後)
※多くの社員が9時30分に出社しています
※育児、介護、私傷病、転居等で出社時間に制限がある場合に、対象条件を満たす方については在宅勤務を運用中
休日 週休2日制(土日祝)
※年間休日120日以上
休暇 夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇(2017年度有休取得率:全社平均75%)、特別休暇(在籍6ヵ月未満で体調不良/通院等の事情により休む必要がある社員に、最大2日付与)、リフレッシュ休暇(5日以上連続取得、有給休暇に含む)、結婚休暇(5日)、弔慰休暇、産前産後休暇、育児・介護休業、他
福利厚生 社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
交通費支給(月3万5000円まで)
ビジネス図書購入制度(1万円未満の図書購入は、何冊でも全て会社負担)
勉強応援制度(資格取得や外部セミナー、研修等の費用を半額負担)
クラブ活動制度(社員同士の交流を図るため、クラブ活動費を会社が補助)、他